トップページ > 業務案内 > 臨床開発支援サービス(システム構築)

業務案内

医療、医薬および保健などの領域における

臨床開発支援サービス(システム構築)

 システム開発部は、親会社であるEPSグループの優位性を生かしながら、中国本土に立脚し、アジアパシフィック地域および全世界に向けて、製薬会社、研究機関、CRO企業にEDCシステム関連サービスの提供を主とし、ソフトウェア開発業務を補佐とするビジネスモデルを構築しています。


主要なサービス

1. EDCシステムのカスタマイズサービス

1.1 e-Ractis

 e-Ractisは日本のCROリーディングカンパニーであるイーピーエスの治験データマネージメントシステムの利用実績をもとに、臨床研究をターゲットに新たに設計・開発したデータマネージメント(DM)システムです。データマネージメント業務の共通仕様をパッケージ化(症例登録、症例報告書データ入力、コーディング、ロジカルチェック機能等)、インターネット経由のASPサービスとして低コストで提供しデータマネージメント業務をサポートいたします。EDCシステム向けに機能を追加し、施設での利用も可能になります。

图片2.png

<e-Ractis 紹介ページ>


1.2 e-Catch

 弊社は、往来技術株式会社※1開発したクラウドベースの電子データ収集(EDC)システム「e-Catch」を導入致しました。治験や臨床試験、臨床研究において、ワンストップソリューションを提供しており、製品開発リスクの軽減、開発費の節約、また市場化の促進に取り組んでいます。

※1 往来技術株式会社
 2001年に設立され、臨床開発向けのテクノロジーとサービスを提供するカンパニー。 往来技術株式会社よりは開発した「e-Catch」システムは、スピーディに導入、低コスト、ユーザーフレンドリーな特徴で、日本の病院や研究機関によって採用されました。<e-Catch紹介ページ>


2.EDCシステムの導入支援サービス:

 製薬会社、研究機関、CRO企業にEDCシステムコンサルティングおよびサイト構築サポートサービスを提供いたします。(Rave, Viedoc,E-DMS Online, etc.)


3.オフショア開発サービス:

 チームメンバーの70%以上日本語ができ、日本向けソフトウェア開発プロセスを熟知しています。要件定義などの上流工程から製造・テストなどの下流工程まで、またシステムのメンテナンス含めて、高品質・低コストのトータルサービスを提供いたします。


4.中国国内ソフトウェア開発サービス:

 北京と蘇州二つ開発拠点を持つ、中国国内のお客様にソフトウェアソリューションを提供いたします。顧客のニーズを追求した差別化・高付加価値サービスを提供しており、顧客満足度の向上やサービスイノベーションに目指しています。